お風呂場に手すりを2箇所つけてよかった

ZEHで新築一戸建ての家を建てた時に、特に意識をした場所としてお風呂場があります。そのお風呂場は、なんといっても素敵な場所にしたいと思っていました。広くして、リラックスできる場所にしたいと思ったのです。ちょっと広いと思うこともありますが、使いやすいのでその点では満足しています。
それと主人の希望で、お風呂場に2箇所手すりをつけたことがとても良かったと思うようになっています。その主人の希望を聞いた時は、正直そんなに多く不要と思ったりしました。その時は、元気だったのでそんなにつけてどうするの?と思ったのです。
ところが、そのように判断したことがとてもありがたいと思えるようになりました。その手すりは、まずはいったところにあります。これは、入る時に一番滑りやすいからです。その手すりをおさえることにより、安心して滑ることなく入れます。
またもう一つは、ユニットバスの近くに作っています。それは、バスから上がる時にそこをおさえることができるのでとてもいいです。